椰子の実

「椰子の実」


作詞:島崎藤村  作曲:大中寅二


名も知らぬ 遠き島より
流れ寄る 椰子の実一つ

故郷(ふるさと)の岸を 離れて
汝(なれ)はそも 波に幾月(いくつき)

旧(もと)の木は 生(お)いや茂れる
枝はなお 影をやなせる

われもまた 渚(なぎさ)を枕
孤身(ひとりみ)の 浮寝(うきね)の旅ぞ

実をとりて 胸にあつれば
新(あらた)なり 流離(りゅうり)の憂(うれい)

海の日の 沈むを見れば
激(たぎ)り落つ 異郷(いきょう)の涙

思いやる 八重(やえ)の汐々(しおじお)
いずれの日にか 国に帰らん






なぜかよく口ずさむ歌

ほかに、歌詞を全部歌えるのがないからかな。(と、言っても、1番しか歌えないんだけど。)
ぐらいに、思っていたんだけど、
この前、家に帰ったら、母親が口ずさんでた。

「よく歌うん?」って、聞いたら「そやで」との答え。

でもその時、初めて聞いた気がした。

私もそうだけど、この歌、誰もいない時に歌う。 だからかな?


誰もいない、夕方。や、
誰もいない、路地。


おふろで思いっきり歌うんじゃなくって、
普段は人がいるところで、1人になった時に歌う気がする。

そういえば、リスボンでもバイト先からアパートまで歌いながら帰ってた。


母は、奄美大島から、明石へ。
私は、明石から、東京へ。


2人とも、育った場所じゃないところで暮らしてるからかな。


ふいにラジオから「椰子の実」が聴こえて、ぼんやりそんなことを思ったり。
[PR]
by sous_le_nez | 2011-07-06 16:24 | 言葉


はなのした


by sous_le_nez

プロフィールを見る
画像一覧

■お問い合わせはこちらまで

 アロマテラピーワークショップ
 プライベートオーダー

カテゴリ

言葉
Event
Aroma lesson
Private order
Shop list
スケジュール まとめ
占星学とアロマテラピー 覚書
ポルトガル暮らしまでのみちのり
Lisboa:リスボン
Nazare:ナザレ
Coimbra:コインブラ
Porto:ポルト
北海道
買付帖
いろいろ

以前の記事

2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30